© 2017 BY CREATIVE FROGS Corp.

  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン

info@frogs-corp.jp   | 沖縄県豊見城市豊崎3-59 TOYOPLA 307 

Please reload

最新記事

Pitch Review Day当日!Academy生はどんなプレゼンを見せてくれたのか...?

October 8, 2018

1/4
Please reload

特集記事

LEAP DAY2018実行委員会発足!目指すはSxSW風

April 18, 2018

 

 

こんにちは。照屋です。

 

 

4/14(土)弊社オフィスが入居しているトヨプラの4階ラグーンルームにて、LEAP DAY実行委員会第1回ミーティングを実施しました。

 

 

 

 

 

LEAP DAYとは?

 

LEAPは、飛ぶ、跳ねるという意味ですが、アポロ11号が月面着陸した際に人類の大きな一歩という表現で使われた言葉です。その2つの意味をくみ取り「大きな飛躍を見せる日 =LEAP DAY」と名付けられ、沖縄からイノベーションを発信していくショーイベントとして2013年から進化を重ねてきました。

 

これまで、国内外のスタートアップ界隈をはじめとするビジネスシーンにおいて第一線で活躍する起業家や投資家の方々を迎えたトークセッションや講演、小学生のアプリ開発プレゼン、学生によるサービス英語プレゼン、大人の本気のプレゼン、現代版組踊やエイサーダンスなど、さまざまな表現者(挑戦者)たちがこの舞台で繰り広げてきました。

 

 

LEAP DAYをこの機会に知ったという方は...

映像・音楽が最強にカッコイイと自画自賛している、LEAP DAY2017のダイジェスト動画をぜひご覧ください。

 

 

▼LEAP DAY2017特設サイト

https://www.ryukyu-frogs.com/leapday_2017/

 

▼LEAP DAY2017の様子(一部非公開映像があります)

https://www.youtube.com/playlist?list=PLjdXeS2mgyuYpqYxSZLw8QtSLBQUXs99v

 

 

 

 

 

LEAP DAY2018が目指す世界
 

過去にLEAP DAYへ参加されたことのある方はハイブリッド型人財育成プログラム「Ryukyufrogs」のイメージが強いかと思いますが、本記事をRyukyufrogsのサイトではなく、株式会社FROGSへ掲載しているのには理由があります。

 

関係者の方には一部お伝えしておりますが、今年からプロデュースby 株式会社FROGSとして運営することになりました。

 

これまでRyukyufrogsの運営資金である協賛金の一部を捻出して運営してまいりましたが、Ryukyufrogsと(会計の面において)切り離すことで、慈善事業の一貫ではなく、持続性のあるイベントとしてさらなる進化を実現する方向へ向かうべく、今回の決断へ至りました。

 

そして、LEAP DAYは沖縄や日本が世界とコラボレーションするイベントとして独自の進化を遂げていきます。

 

詳細はまだお伝えできませんが、イベントの方向性として目指すのは、SxSW(サウス・バイ・サウスウエスト)と呼ばれる、米国オースティンで開催される音楽祭・映画祭・インタラクティブフェスティバルなどを組み合わせた大規模なイベントです。

 

今年はその手始めとした、例年にはない仕掛けを考えています。数年かけてより規模もコンテンツも進化を遂げていくでしょう。

 

 

 

▶▷LEAP DAY2018が目指す5つのこと

 

①より良い未来へ向けて社会が変化や進化していくことに、多くの人に関心を持ってもらいたい!

スタートアップやイノベーション関連のイベントを開催していると、いつも来場されるのは常連の顔ぶればかりということが課題でした。未来への大きなうねりを起こしていくには、様々な分野・業界・年代の方々に何かを気づき感じてもらい、「自分ごと」にしていただく必要があります。そこで、音楽・食・スポーツ・芸能・文化などあらゆるチャネルをイベントに盛り込むことで、多くの方が楽しみながら刺激や新たな気づきを得られる仕掛けのあるイベントにしていきます。

 

②沖縄を「平和」「自然」「人」「芸術」「ビジネス」を兼ね備える地域として、世界から注目される拠点にしたい!

沖縄は日本だけでなく世界的にも人気の観光地です。「平和」「自然」「人」「文化・芸能」などの面では差別化されたブランディングができています。ただ「ビジネス」という側面で沖縄を見たときに、まだ確立できていない状況ではないでしょうか?

「ビジネスやそこに直結する人財面でも熱い沖縄」という地域ブランディングができれば、県外海外からより多くの優秀な人財や企業が沖縄の魅力に惹き付き、地域発展を加速させるきっかけが作れるのではないかと考えています。

 

③沖縄の人が日本や東京をロールモデルにするのではなく、世界に目を向けるきっかけを作りたい!

世界はすごいスピードで変化成長を遂げています。今や日本・東京の常識は世界に通用しない状況も散見されるようになってきました。

沖縄には、古き良き伝統と外からきた文化を混ぜ合わせることができるチャンプルー文化があります。世界の良いコト・モノを積極的に取り入れやすい環境を提供することで、新しいチャンプルー文化が生まれるのではないかと考えています。

 

④世界で活躍する人たちが集結する場所にしたい!

SxSWがまさにそうであるように、世界中から人が集結し、新しいことが生まれる・集まる拠点を目指します。沖縄はそれが実現できる場所だと考えています。

 

⑤閉塞感を打破し、未来を創る意欲を沸き立たせる場所にしたい!

沖縄の歴史を振り返ると、様々な困難を乗り越えてきた経緯があります。しかし現在も様々な社会課題が存在していることも事実です。

より良い未来を創ることができるのは今を生きる「人」。エネルギーを持った人たち同士を集結させて大規模な化学反応を沖縄で発生させるきっかけを、LEAP DAYは提供します。

 

 

 

 

 

エンジン始動!OB/OG・関係者含む
LEAP DAY実行委員会発足

 

今年目指す規模になってくると、早めの事前準備と組織化がより重要になってくるということで、Ryukyufrogs生のOB/OG、LEAP DAYに携わる一般社会人も含めた実行委員会を発足しました。

 

進行は先月大学を卒業した、弊社役員兼LEAP DAY実行責任者の畑中が担当。

主要メンバーそれぞれの自己紹介からこれまでの経緯や全体イメージについて共有。

 

 

 

わざわざ、この日のために東京から1人で来沖し翌朝の便で帰るという強行スケジュールの中かけつけくれた、LEAP DAY登壇経験者でRyukyufrogs7期生の山崎ひかりさん。
Tシャツ、よく似合ってます。

 

 

今回のイベントに携わる関係者の方からもそれぞれプレゼンしていただきました。

 

 

 懇親会ではピザやお寿司をつまみながら、雑談をしながら親睦を深めながらも早速今後の動きについてそれぞれの打ち合わせが始まっていました。

 

今後の動きについてはまた追々更新していきますので、お楽しみに!

 

 

 

 

 

LEAP DAYのご協賛お待ちしております

 

最後まで本記事を読んでいただきありがとうございます。

LEAP DAYの協賛について興味を持たれた方、もしくはLEAP DAYについて詳しく話を聞きたいという方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

メールアドレス:info@frogs-corp.jp

電話番号:080-8379-8765(担当:畑中)

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア